• ●特徴
  •  砂地で育てられ、みずみずしく、光沢があり、肌は白くきめが細かく、肉質の柔らかいだいこんが育っています。
  • ●出荷時期
  •  11月中旬〜2月下旬
  •  出荷最盛期は、12月中下旬となっています。
  • ●選び方のコツ
  •  光沢があり、色は白く、葉茎部(首)がきれいで割れや横ズミのないものを選びましょう。
  • ●産地だより
  •  紀の川河口の砂地や和歌浦湾の沖積砂地、約70haで育てられ京阪神市場に出荷され、肌が白く肉質の柔らかい「和歌山大根」として市場からも高い評価を得ています。
  • ●歴史
  •  江戸中期の参勤交代の折、江戸から持ち帰られ、和歌山大根(白大根)として栽培が始まりました。
  •  近年は、青首大根が主流となり、200名が育てています。